kaekaeオンラインカジノ

提携数日本一!オンラインカジノ公認配信者に選ばれた漢

ポーカーの遊び方・ルール完全ガイド

ポーカーの遊び方・ルール完全ガイド

 

ちーす!kaekaeでございます!!

今回はポーカーについての記事です。

kaekae
ポーカーってしたことありますか?

多分日本人が遊びでやるポーカーは、5枚ずつカードが配られて、そこから2枚までカードを引くことが出来るルールのポーカーだと思います。

しかし、そのルールのポーカーは海外ではほとんどプレーされておりませんww

なので、今までのポーカーのルールでオンカジや海外でプレイすることは出来ませんので、一旦忘れてくださいw

基本的な役の強さなどは変わりませんので、安心してください。

ただちょっとだけゲームの進行などが変わりますので、それぞれ解説していきます。

 

ポーカーの役の強さ

役の強さはどのポーカールールでも変わりありませんので、強い順番で解説していきます。ちなみにポーカーのカードは『2』が最弱で『A』が最強です。

『2』『3』『4』『5』『6』『7』『8』『9』『10』『J』『Q』『K』『A』

カードのランクはこのようになってます。

 

ストレートフラッシュ

連続した5枚の数字で(ストレート)更に5枚とも同じ絵柄(フラッシュ)で出来た役。

『5』『6』『7』『8』『9』このように連続した5枚のカードを『ストレート』と言います。そして5枚とも同じ絵柄の場合『フラッシュ』と言います。

この二つの役が合わさったのが『ストレートフラッシュ』という最強の役です。

同じ『ストレートフラッシュ』同士の場合は、最もランクが高いカードを持っているプレイヤーの勝ちになります。

『ストレートフラッシュ』の中でも『A』『K』『Q』『J』『10』が最も強い『ロイヤルフラッシュ』と呼ばれる役です。ポーカーの中で『ロイヤルフラッシュ』より強い役は存在しません。

ロイヤルストレートフラッシュって聞いたことあると思いますが、それですw

 

フォーカード

『3』『3』『3』『3』などの同じランクのカード4枚ともう1枚のカード5枚で作る役です。

フォーカード同士だったらカードのランクが高い方が勝ちとなります。

『3』『3』『3』『3』のフォーカードと『5』『5』『5』『5』のフォーカードだったら『5』のフォーカードの勝ちです。

もし『3』『3』『3』『3』のフォーカード同士だったら残りの1枚のカードのランクで決まります。

ポーカーは5枚で手を作るので『3』『3』『3』『3』『8』のフォーカードは『3』『3』『3』『3』『K』のフォーカードには勝てません。

 

フルハウス

アメリカのコメディドラマではありませんw

デストロイ吉崎
なに笑ってんの?

3枚の同じランクのカード(スリーカード)と2枚の同じランクのカード(ワンペア)で作る役です。

『10』『10』『10』『8』『8』のような形です。

フルハウス同士なら3枚のランクが高い方の勝ちとなります。

『10』『10』『10』『8』『8』と『J』『J』『J』『8』『8』だったら、『J』『J』『J』『8』『8』の勝ちです。

一方3枚のカードのランクが同じだった場合、2枚のカードのランクの高い方が勝ちになります。

『J』『J』『J』『8』『8』と『J』『J』『J』『A』『A』だったら『J』『J』『J』『A』『A』の勝ちです。

 

フラッシュ

同じ絵柄の5枚で作る役です

フラッシュ同士になれば最も高いランクのカードを持つプレイヤーの勝ちです。

『A』を持ったフラッシュの場合フラッシュ同士で負けることはないということです。しかし、一番高いランクが『6』のフラッシュだと相手もフラッシュであれば負けてしまいます。

 

スリーカード

これは同じランクのカードを3枚もった役です。

『10』『10』『10』『4』『2』のような形です。

スリーカード同士なら3枚のカードのランクが高い方のプレイヤーの勝ちです。

同数のスリーカードの場合は残りのカードのランクによって勝負は決まります。

『10』『10』『10』『4』『2』よりも『10』『10』『10』『8』『2』の方が強いですし、『10』『10』『10』『4』『2』よりも『10』『10』『10』『4』『3』の方が強いです。

 

ツーペア

ツーペアはペアが二つですw

『10』『10』『4』『4』『2』のように同じランクのカードが2枚ずつともう一枚の5枚で作る形です。

ツーペア同士になったらペアのランクの高さで勝負が決まります。

『10』『10』『4』『4』『2』と『K』『K』『4』『4』『2』なら『K』『K』『4』『4』『2』の勝ちですし同じツーペア同士ならもう一枚のカードのランクで決まります。

『K』『K』『4』『4』『2』と『K』『K』『4』『4』『A』なら『K』『K』『4』『4』『A』の勝ちです。

 

ワンペア

2枚の同じランクのカードと3枚のカードで作る役です。

『K』『K』『4』『3』『2』という形です。ワンペア同士だったら高いランクのペアを持っているプレイヤーの勝ちになります。

『K』『K』『4』『3』『2』と『A』『A』『4』『3』『2』だったら『A』『A』『4』『3』『2』の勝ちです。同じランクのワンペア同士なら他の3枚のカードのランクによって決まります。

『A』『A』『4』『3』『2』と『A』『A』『8』『3』『2』だったら『A』『A』『8』『3』『2』の勝ちになります。

 

ハイカード

ハイカードは手に何も役がない、いわゆるブタと呼ばれる手です。

ハイカードは役の中では最弱ですけど、相手に役が入ってなければハイカード同士の勝負になります。

『A』『8』『4』『3』『2』はエースハイと呼ばれ相手もハイカードであれば負けません。

しかし、ハイカードが同じランクだった場合、次に高いランクの勝負になります。

『A』『8』『4』『3』『2』と『A』『9』『4』『3』『2』だったら『A』『9』『4』『3』『2』の勝ちです。

 

オンラインカジノのポーカーの流れ

オンラインカジノではホールデムというポーカーが多く使われています。

ランドカジノなんかでプレイヤー同士で勝負するポーカーは『テキサスホールデム』というルールですが『ホールデム』はよりシンプルなゲームです。

柴犬
世界大会なんかはこのホールデムが一般的!

 

アンティを払って参加する

まずホールデムではこの『アンティ』を払わないとゲームに参加できません。

ホールデムでアンティの説明

参加料みたいなもんですねw

この参加料を払ってカードを配ってもらいます。

 

ベットかフォールドか選択する

ホールデム ベットかフォールドか選択する

プレイヤーとディーラーに2枚ずつ配られた後に場に共通カード3枚が配られます。

ホールデムではそれぞれ2枚ずつの自分のカードと、場に配られた5枚の共通カードの合計7枚の中の組み合わせで5枚の手を作ります。

この段階で『アンティ』の2倍の金額をベットして残りの2枚のカードを引くか、ベットせずにフォールドするかを選択します。

フォールドすれば『アンティ』は返ってきません。

 

残りの2枚が配られて勝敗が決まる

『アンティ』の2倍の金額をベットすれば残りの2枚の共通カードが配られて勝敗が決まります。

ホールデム 勝敗の説明

この場合プレイヤーは『A』のハイカードで、ディーラーは『J』のハイカードでした。

なのでプレイヤーの勝ちとなり、ベット金額の2倍の200円が返ってきました。

 

まとめ

オンラインカジノのポーカーについて解説してきましたが、やっぱりディーラーとの勝負なのでそこまで駆け引きはなく、シンプルなルールです。

アンティを払うのでどうしてもプレイしたくなりますが、勝てないと判断したら引くことも大事だと思います!!

この記事を書いた人

Profile image

オンカジ歴10年以上のオンカジTuber。YouTubeではスロット生配信や高配当動画を収録しています。自身の経験からユーザーの役に立つ情報を提供しています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

当サイト限定ボーナスはこちら!