kaekaeオンラインカジノofficial

提携数日本一!オンラインカジノ公認配信者に選ばれた漢

31システム(31法)でオンラインカジノを攻略!

31システム(31法)でオンラインカジノを攻略!

 

ちーす!kaekaeでございます!!

今回はカジノ攻略法について解説していこうと思います!!

オンラインカジノで稼ごうと思えば、何かしらの攻略法が必要になります。

攻略法といっても、『こうやれば絶対勝てます!』みたいな怪しい必勝法みたいな話ではありませんw

kaekae
必ず勝てる必勝なんてないからねw

資金管理法やベット金額をシステム化したシステムベットと呼ばれるものです。

ずーっと同じ一定の金額でベットし続けてもカジノで勝つことは出来ません。

カジノには控除率があるので、それでは勝つことは厳しいと思います。

なので、ベットの金額に強弱をつけたりして攻略していくわけです。

そんなわけで今回の攻略法は『31システム』です!!

タコ野郎
kaeさん31システム得意だもんねw
kaekae
黙れタコ野郎。

『31法』とも呼ばれている攻略法で、とても使いやすい攻略法です。

 

『31システム』とは?

『31システム』とは別名『2連勝法』とも呼ばれる攻略法です。

『2連勝法』なので2連勝することで利益が確定する攻略法です。

そして『31システム』の『31』は何なのかというと、この攻略法が失敗したときに失う損失額が『31』ということです。

ここでいう『31』というのは基準となる最低ベット金額の31倍と考えてください。

基準ベットが100円の人はシステム失敗で3,100円の損失ということです。

その代わりベットシステムの中で2連勝さえすれば、利益が出ます。

 

『31システム』が使えるカジノゲーム

この『31システム』は使えるカジノゲームが決まってます。

それは勝率約50%で2倍配当のカジノゲームです。

「バカラのプレイヤーorバンカー」や「ルーレットの赤黒」「ブラックジャック」など王道のテーブルゲームではほとんど使えます。

ギャング先輩
バカラ・ルーレット・ブラックジャックのルールは下のゲーム名をクリックすると見れますので、初心者さんはまずルールを確認してね♪

 

『31システム』の使いかた

では『31システム』の使いかたを説明します。ここでは基準ベットを$1として説明します。

『31システム』はAの1回目からDの2回目まで9回のベットの中で2連勝を狙う手法です。

1回目 2回目 3回目
A段階
B段階
C段階
D段階

この表の通りに「Aの1回目」から始まり「Aの3回目」が終われば「Bの1回目」になり「Bの2回目」が終われば「Cの1回目」へと順番に進んでいきます。

1回目 2回目 3回目 合計損失
A段階 -3
B段階 -7
C段階 -15
D段階 -31

一度も2連勝が出来ずに「Dの2回目」で負けてしまったらシステム失敗で$31の損失です。

 

『31システム』は勝ったら倍プッシュ

『31システム』は9回のベットの中で2連勝を狙う手法です。そして2連勝出来ずに9回目のベットで負ければ31単位の損失でシステム失敗です。

しかし、ただ2連勝するだけではどのタイミングでも利益は出ません。

なので『31システム』では1回勝てば、次は利益分を乗せた金額をベットします。

1回目 2回目 3回目
A段階
B段階
C段階
D段階

この表の「Bの2回目」で$2ベットして勝ったとします。

次は2連勝を狙いますね。ベット金額は今の利益分を乗せた$4ベットです。

「Bの2回目」の時点でトータルベット金額は$5です。

$4ベットで勝てば$8返ってきますので、$8-$5=$3の利益となります。

以下の表がそれぞれのタイミングで2連勝して時に確定する利益です。

1回目 2回目 3回目
A段階 1(+3) 1(+2) 1(+1)
B段階 2(+3) 2(+1)
C段階 4(+5) 4(+1)
D段階 8(+9) 8(+1)

各段階の1回目で連勝出来れば、比較的大きな利益になりますね。

 

『31システム』で30ゲーム実践

実際にルーレットの赤黒ベットで『31システム』を30ゲーム実践します。

今回はわかりやすいように赤にだけベットします。

 

『31システム』1ゲーム目

ルーレットの赤に$1ベットです。結果は『28』の黒なので、次は「Aの2回目」の$1ベットです。

31システムの実践 

『31システム』2ゲーム目

「Aの2回目」の$1を赤にベットします。結果は『23』の赤なので的中です。次ゲームは2連勝を狙って今回の利益を乗せた$2を赤にベットします。

31システムの実践

『31システム』3ゲーム目

3ゲーム目は「Aの2回目」の倍プッシュ$2を赤にベットします。結果は『11』の黒でしたので外れました。

次は「Aの3回目」の$1を赤にベットです。

31システムの実践

この要領で30ゲーム実践します。

 

『31システム』30ゲーム実践結果

こちらが『31システム』で30ゲーム実践した結果です。

31システムの実践結果

30戦して15勝15敗と五分五分の勝敗でしたが$11の利益となりました。

合計で6回のシステム成功で、一度も失敗はありませんでした。

大きな連敗が来たとしても2連勝で利益が出るというシステムの特徴が確認できました。

 

『31システム』のメリット・デメリット

『31システム』は夢の必勝法ではありませんので、もちろんメリットとデメリットがあります。

メリットとデメリット更に向いている展開、向かない展開を解説します。

 

『31システム』のメリット

『31システム』のメリットは大きく以下の2点です。

  • 2連勝さえすれば、利益が確定するのでハードルが低い
  • 最大損失額が決まっているので資金管理しやすい

勝率50%の勝負で2連勝することは、難しいことではありません。

というか2連勝出来ない方が珍しいと思います。

なので、最大のメリットは利益が出やすいという点です。

更に損失額が初めから決まっているので、初心者でも資金管理が簡単である点も大きなメリットです。

ゲームの展開としては、波のある展開が向きます。

 

『31システム』のデメリット

逆に『31システム』のデメリットは以下の2点です。

  • 2連勝が必須
  • 損失額の方が利益額よりも大きい

先ほど2連勝でオッケーというのはメリットだと言ったのに、デメリットにもなっていますww

貞子
これは、展開が悪い時ですね。呪ってやる~

流れが悪い時に1回勝てば取り返せるシステムベットもある中で、『31システム』だと2連勝しなければいけません。

そして1回の損失額が31単位と利益額より大きい点です。

1回のシステムで最高でも9単位の利益なのに対して、損失は常に31です。

損失が来る前に早めに勝ち逃げを繰り返す必要があります。

そして向いていない展開は勝ち負けが交互に繰り返されるような展開です。

バカラでいうところのテレコですね。

50%の勝負ですので、勝ち負けが交互になることは多いです。そういった時は勝敗が五分五分でもシステムが失敗することもあります。

 

まとめ

『31システム』は初心者にはかなりオススメの攻略法です。

失敗した時の損失額があらかじめ決まっているので、思わぬ大きな損失ということがありません。

ただ、失敗したときは31単位失うので早めの勝ち逃げでコツコツと利益を積み重ねましょう。

この記事を書いた人

Profile image

オンカジ歴10年以上のオンカジTuber。YouTubeではスロット生配信や高配当動画を収録しています。自身の経験からユーザーの役に立つ情報を提供しています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

当サイト限定ボーナスはこちら!

kaekae
下バナーからの新規登録で特典が受けとれます♪初心者さんには入金不要ボーナスがおすすめですね!