提携数日本一!オンラインカジノ公認配信者に選ばれた漢

ラブシェール法でオンラインカジノを攻略!

ラブシェール法でオンラインカジノを攻略!

 

ちーす!kaekaeでございます!!

今回はラブシェール法といった少し変わったオンラインカジノの攻略法についてまとめていきます。

このラブシェール法の何が変わっているのか?

kaekae
名前ではありませんww

あらかじめ自分で損失額を決める。という点と、システムの成功がないということです。

普通のオンラインカジノの攻略法だったら、明確にシステムの成功というのがありますよね?

マーチンゲール法だったら1度の勝ちでそれまでの損失を取り返して1単位の利益が得られるという明確なシステムの成功がありますよね。

ラブシェール法はそのような明確なシステムの成功がありません。

なので辞め時が超肝心です。

これはオンラインカジノで勝つ為にも言えることです。

このラブシェール法で勝ち逃げする感覚を身に着けて、オンラインカジノ攻略に活かしてください。

 

ラブシェール法でオンラインカジノを攻略!

ラブシェール法は成功のない攻略法と言いましたが、逆に失敗は用意されています。

そのシステムが失敗した時に出る損失は自分で設定することが出来ます。あらかじめ自分で許容できる金額の損失額を設定します。

そしてシステムがシステムが失敗すれば、設定した金額を失います。

逆に勝つ金額は決まっていないので、システムを自分のタイミングでリセットする必要があります。

 

ラブシェール法の賭け方

ラブシェール法は紙とペンを使って数式を書き込みながら進めます。

システム失敗時の損失を$20に設定したとします。その$20を以下の表のように分けます。

この数式を全て足すと20になります。ベット金額はこの数式の両端の数字を足した数字となります。

そして負ければ数式の両端の数字を消します。

なのでこの数式が全部消えてしまった時、$20の損失となります。

逆に勝った時は数式の右端に今賭けた数字を書き込んでいきます。

負ければ数式が減っていくし、勝てば数式が増えていきます。

そして数式の合計数がその時点での収支になります。

この数式から始めたとします。合計数は20です。

連勝して下のような数式になったとします。合計数は31です。

合計20からはじめてますので、収支は+$11です。

この時点でリセットしてもいいですし、継続してもオッケーです。

 

ラブシェール法のメリット

ラブシェール法のメリットは、損失額をあらかじめ設定出来るという点です。

マーチンゲール法なんかは、底なし沼ですよねw

資金がなくなるまで突っ込んでしまう危険性があります。。

イカ汚田イカ男
俺はあるだけ使っちゃうタイプだから助かる♡

でもこのラブシェール法は自分であらかじめ損失額を設定しないと始まりません。

なので許容範囲での損失しか出ませんので、熱くなって資金全てを溶かすなんてことは起こりにくいです。

 

ラブシェール法のデメリット

ラブシェール法のデメリットは勝ち逃げが難しい点です。

システム成功というゴールがありませんので、自分のタイミングで勝ち逃げをしてシステムをリセットしなければいけません。

はじめのうちは、『あの時辞めていれば…』みたいなことが起こるかもしれませんww

でもそれはオンラインカジノで勝っていくために、大事なことなのでラブシェール法で勝ち逃げの感覚を鍛えてくださいww

 

ラブシェール法でルーレット30ゲーム実践

では実際にラブシェール法を使ってルーレットを30ゲーム実践します。

今回使う数式はこちらで、最大$20の損失に設定します。ベットは『赤』に固定して5ゲーム毎にシステムをリセットするというルールで実践します。

ラブシェール法 実践1ゲーム目

実践1ゲーム目は下の数式ですので、両端の数字の合計の$5を『赤』にベットします。

ラブシェール法 実践

結果は『黒』でしたので配当はなしで、$5の損失です。

ラブシェール法 実践2ゲーム目

2ゲーム目使うのは下の数式です。両端の数字の合計$5を『赤』にベットします。

ラブシェール法 実践

結果は『赤』でしたので2倍配当の$10の勝利です。

ラブシェール法 実践3ゲーム目

3ゲーム目使うのは下の数式です。両端の数字の合計$7を『赤』にベットします。

ラブシェール法 実践

結果は『赤』でしたので2倍配当の$14の勝利です。

ラブシェール法 実践4ゲーム目

4ゲーム目使うのは下の数式です。両端の数字の合計$9を『赤』にベットします。

ラブシェール法 実践

結果は『黒』でしたので配当はなしで、$9の損失です。

ラブシェール法 実践5ゲーム目

5ゲーム目使うのは下の数式です。両端の数字の合計$8を『赤』にベットします。

ラブシェール法 実践

結果は『赤』でしたので2倍配当の$16の勝利です。

この要領で5ゲームでシステムを1度リセットして30ゲームの実践を行いました。

 

ラブシェール法30ゲーム実践結果

30ゲームの実践結果が下の表です。

ラブシェール法 実証結果

15勝15敗でしたがトータル損益は$6の損失でした。

今回は5ゲームでリセットというルールでしたが、システムをどのタイミングでリセットするかで損益が大きく変わります。

まさに辞め時が肝心だと痛感させられる実践でしたww

 

まとめ

このラブシェール法にはオンラインカジノで勝つ為の要素が詰まっています。

あらかじめ損切りを設定しておく点と勝ち逃げのタイミングが重要だという点です。

ラブシェール法を上手に使いこなせるようになるころには、オンラインカジノを攻略していると思いますww

それくらい大事なことが詰まった攻略法だと思います。

この記事を書いた人

Profile image

オンカジ歴10年以上のオンカジTuber。YouTubeではスロット生配信や高配当動画を収録しています。自身の経験からユーザーの役に立つ情報を提供しています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

当サイト限定ボーナスはこちら!

kaekae
下バナーからの新規登録で特典が受けとれます♪初心者さんには入金不要ボーナスがおすすめですね!