kaekaeオンラインカジノofficial

提携数日本一!オンラインカジノ公認配信者に選ばれた漢

オンラインカジノはイカサマだらけ?!いや、あり得ませんな。

オンラインカジノはイカサマだらけ?!いや、あり得ませんな。

ちーす!kaekaeでございます!

あなたもオンラインカジノでプレーしていると、『これ、イカサマじゃね?!』って思ったことや感じたことはありませんか?

そこで今回は、オンラインカジノってイカサマがあるのか?といった点を自分なりに考察していきます。

オンラインカジノ歴の長い私の考察+お仕事で各カジノサポートさんとも繋がりがありますので、ある程度信憑性は高いと思います。ぜひ参考にしてくださいね!

kaekae
結論から言っちゃうと。。イカサマを疑いたい場面もあるけれど、疑うだけ時間のムダですw

 

オンラインカジノにイカサマはない!

疑ってはみたけれど、出した結論は一つです。オンラインカジノにはイカサマはないってことです。

私もオンカジゲームをプレイする中で何度も思ったことがあります。極端に波が悪いときなんかは特に、『カジノ側に意図的に何かされてんじゃね?確率的にあり得ない!』なんて思ったことなんか日常茶飯事でした。

しかし、イカサマは絶対にない。というか出来ないですね。

貞子
なぜ言い切れるのだわさ。呪ってやる~

ではなぜ、イカサマがないと言い切れるのか?

それは以下2つのポイントがあるからです。

  • オンラインカジノサイトは正式なライセンスを保有し、運営していること
  • イカサマしなくても、ハウスエッジでオンラインカジノサイトは儲かっていること

このあたりを深堀してみましょう。

 

【理由1】オンラインカジノサイトは正式なライセンスを保有し、運営している

イカサマがないと言える理由のひとつがこれで、オンラインカジノは正式な運営ライセンスを持っているということです。

『オンラインカジノにイカサマがないなんて信じねー!!』って視点から疑いの目をこれでもかと向けて調べてみたんですけどねw

オンラインカジノサイトを運営するには、それを許可する国や政府から発行されたライセンスが必要になります。この運営ライセンスを持っているという事は、公的機関である第三者機関から監査を受けて運営認可を取っているってことなんですよね。

オンラインカジノサイトは、ライセンス元からの定期監査を受けます。もし仮に不正運営、つまりイカサマが発覚したら運営ライセンスは剥奪されてしまいます。

kaekae
だからイカサマなんてできないんですよね。やろうもんなら一発退場ですw

オンラインカジノの運営ライセンスは国によって発行されるライセンスが違うんだけど、だからと言ってライセンスの優劣は特に感じてませんかね。

ただ、『どの機関で発行されたライセンスなのか?』という部分に関しては、発行元の国や政府によって変わってきます。その部分に関しては、『1分でわかる!信頼できるオンラインカジノサイトの基準について』で詳しく解説していますので参考にして下さい!

 

【理由2】オンラインカジノサイトはそもそもハウスエッジで儲かっている

オンラインカジノにはハウスエッジ(控除率)ってのがあって、これのお陰で必ず利益が出るようになっています。

これは全体的に見ればの話です。お客さん1人1人の収益を見れば、勝っている人や負けている人がいます。しかし、最終的に全体の収益で見れば、ハウスエッジ通り必ず収束します。

kaekae
ハウスエッジがあるから、胴元であるカジノ側が最終的に儲かるという話ですね!

これはカジノ側がハウスエッジを操るといったイカサマをしているのではなく、各ゲームでハウスエッジが設定されていますので、自然と収束してしまうのです。

バカラでは約1.3%。ルーレットでは約2.7%。このように各ゲームでハウスエッジは決まっています。

そのため、カジノ側はイカサマをしなくても最終的には儲かるので、『イカサマをする必要はない』ということです。

kaekae
第3者機関の目もある中で、なにも危ない橋を渡る必要はないんですよね。

 

ビデオスロットのペイアウト率を例に。。

例えば、プレインゴーからリリースされた不動の大人気ビデオスロット『Moon Princess(ムーンプリンセス)』を例にして説明してみましょう。

この機種の魅力は何といっても破格の爆発力、その理由は最大20倍にもなるマルチプライヤーシステム。この『Moon Princess(ムーンプリンセス)』は、開発元のPlay’n Goの公式ペイアウト率、つまりRTPは96.50%となっています。

RTP、これはReturn to player(リターン・トゥー・プレーヤー)、つまりカジノ側がどれぐらいプレーヤーに還元するかという数字のことです。

『Moon Princess(ムーンプリンセス)』のRTPは96.50%、ハウスエッジとは100からこのRTPを引いたパーセンテージになります。この場合、胴元であるオンラインカジノ側のハウスエッジは、100%-96.50%=3.50%となり、トータルでプレーヤーに自由に遊ばせても必ず3.50%の利益は取れるということになるんです。

先ほども言ったように、オンラインカジノではすべてのゲームでこのハウスエッジが設定されているからイカサマなんかする必要がないんですね。

 

オンラインカジノで遊ぶ時に気をつけなけなければならないことは?

イカサマはないけど、悪質なカジノサイトも存在はするんじゃないかってことも考えておく必要はあると思っています。

そのため、安全なオンラインカジノを選ぶための3つのポイントを紹介します。

  1. 正式な運営ライセンスを持っていること
  2. 入出金、特に出金がきちんと出来るサイトであること
  3. カスタマーサポートがきちんとしていること

上の3つをしっかり確認しておくことで安全に楽しく遊べることは間違いないと思います。

正式な運営ライセンスを持っていること

サイトにアクセスした時に、ライセンスのマークがきちんとサイト上にあるかどうかをチェックしよう。

そして、ライセンスNoもしっかり確認することが非常に重要です。

入出金、特に出金がきちんとできるところ

入出金がしっかり出来ることも重要な判断材料です。特に出金!

初めての出金時は、大抵オンラインカジノ側から本人確認書類の提出を求められますが、これはスムーズに対応しましょう。その後、早いところで数分。遅くても数時間以内に出金されるオンラインカジノサイトであれば、安心して良いでしょう。

カスタマーサポートがきちんとしていること

もし、何か困ったことがあったら、安心して相談できるカスタマーサポートが完備されている必要があります。

先ほどの出金とも連動していることなんですけど、サイトには『数分で出金が処理される』と書いてあるのに、3時間経過してもまだ出金されないなんてケースが起こってしまったら、カスタマーサポートに問い合わせをして、事情説明を受ける必要があります。

そんな時に、カスタマーサポートがつながらない・対応がメチャクチャだったら困りますよね?

貞子
そうなったら呪ってやる~

そのため、カスタマーサポートの対応力も、安心してオンラインカジノで遊ぶ指標になりますので、手間はかかりますが、新規カジノに登録したならまずはカスタマーサポートに何でもよいので問い合わせてみることをおすすめします。

 

まとめ

今回は、オンラインカジノにイカサマはあるのか?という疑問について、私なりに考察してみました。

ポイントは2つ。

  • 第3者機関から常に見張られているので、カジノ側はイカサマしようがない
  • そもそもイカサマしなくても、カジノ側が儲かるようにゲーム設計がなされている

上記2つの情報から、イカサマがないと私は断定しています。

いつも動画を見てくれている皆さんには安心してオンラインカジノサイトで遊んでほしいので、少しでも参考になれば幸いでございます!

この記事を書いた人

Profile image

オンカジ歴10年以上のオンカジTuber。YouTubeではスロット生配信や高配当動画を収録しています。自身の経験からユーザーの役に立つ情報を提供しています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

当サイト限定ボーナスはこちら!

kaekae
下バナーからの新規登録で特典が受けとれます♪初心者さんには入金不要ボーナスがおすすめですね!