オンラインカジノ情報ならkaekae公式サイト

オンラインカジノ配信者として年収1億を達成した軌跡

【登録するだけ♪】入金不要無料ボーナスを見逃すな!

入金不要ボーナスの一覧

ステークカジノTOPバナー

コニベットTOPバナー

オンラインカジノ配信者として年収1億を達成した軌跡

皆さん、この記事に辿り着いたって事は僕の事をどこかで一度見たことがあると思います。

今回のテーマは【オンラインカジノ配信者として年収1億を達成した軌跡】について詳しく話したいと思います。

ハッキリ言って読み応え抜群になるんじゃないかなと、この段階で感じています。良かったら最後まで目を通してコメントや良いね👍押して貰えると嬉しいです。

一章 ~俺は凡人~

過去の自分を思うと生まれて来てこの方、自分に自信が有る事が何一つも無かった様に思います。

小学生の頃は足が早く習い事も剣道、習字、水泳、水彩画、部活動はサッカー。中学生の頃は陸上部に所属して、音楽に目覚めてギターやったり音楽を習ってみたりと色んな事にチャレンジしてました

特に何かに秀でた訳でもなく、どれもソコソコ器用にこなせるタイプ。美術や音楽、体育だけは5でした笑

けど勉強が出来た訳でもなく、運動がピカイチだった訳でもなく。そして16歳で高校中退。日雇いの鳶職で日当6500円だったかな?そこでダラダラ働きつつ、月日は流れギャンブルに明け暮れ気付けば18歳になってました。

18歳で一度目の転機が訪れます。実家が営んで居る外車屋さんで働き出す。親父は名の知れた整備士で他県から外車の修理依頼が毎日殺到してました。

初めて勤める親父の会社。不器用な親父は俺に何か教えるって事は一つもありませんでした。そんな親父を見てたり周りの従業員から親父の逸話を聞いてて気付いたんですよね。

親父は完全なプロフェッショナルだなって。

俺は親父の息子で車屋の二代目。車の知識なんてものは一切なくて初めて経験する事ばかりでした。

従業員も元々車好きばかりで車の事になると凄い詳しかったのを覚えています。自分がほんとに何も出来ないんだなって知りました。ある程度働く様になると、過去の習い事のせいなのか器用に色々こなせる様になってくる。

そして、親父にはこう言われました。「お前はオーディオ付けたり細かくて繊細な作業が得意だな!」そんな事、俺には出来ないわ。って言ってたのを覚えてます。

親父なりに褒めてくれたんだと思います。いま思うと母親の血のが濃かったんだと思います。ちなみに姉貴は親父にソックリです。

親父の仕事ぶりを見てて、俺はこの人みたいになれるのか?っていつも疑問に思ってました。親父は小学生の頃に自分で自作の車作って村で走らせてたりとか。ダイハツのディーラーで整備士の大会で優勝総舐めにしたりと逸話が多い人でした。

俺は心の底で気付いていたんだよね、親父みたいにはなれないって。

ある程度仕事にも慣れて来ると、親父の会社だからって遅刻したり無断欠勤したりとかが頻発して。

会社に行きづらくなった。

実家に居ても親父は俺に何も言わない。気まずくなった俺は友達と派遣社員として逃げる用に違う所に働きに出る事に。不思議と親父の会社以外の所で働くと無遅刻、無欠勤。真面目で仕事ぶりも評価されるんだよね。お前は仕事が早い!って。

その時はリフトマンやってたんだけど免許取って1ヶ月で長年やってる人より早く作業出来てたからかな?今思うとこの頃から誰かに認められたいから仕事を早くやる!って言うのがあったと思う。けど本当の自分は親父の会社で遅刻したり無欠したりダラシない男。

結局、若かったのもあって派遣会社を退職して再び親父の会社に戻る事に。当然また悪い虫が出始めます。遅刻、無断欠勤。けど親父の周りの従業員はいつもこんな事言ってくれてました。

「まだ若いからどんだけでもやり直しが効くよ」

そんな無責任な事を言われるもんだから、どこかまだ大丈夫なんだって安心してたのを覚えてます。結局親父の会社は長く続かずに逃げる様に他の会社で働く事に。今度はダクト工へ!日当8000円とか信じられない金額で雇われてましたね笑

ここでも、無遅刻無欠勤の真面目ぶり。ほんと甘える所があると人間ってダメになるんだと感じました。この経験は今でも自分の教訓として生きてます。そこから結婚、離婚を経てホストへの道へ進む事になるんですが、、、、、。(長くなってしまうので話しはカットしてます)

離婚、借金、免許取消、社会的信用無し、クレジットカードは止まる、家賃滞納半年、電気、ガス停止

もう、ここまで落ちる事ある?って言うぐらい落ちてます。

それには理由があって、スロット依存症になってた事と親父の会社で働かなくなった事で収入も減り、月30万の給料じゃやりくり出来なくなってた事です。
そして、仕事も辞めてニート。負の連鎖で自分ではもう解決出来ないレベルになってました。もう凡人どころか最底辺でしたね。

本当にどうしようも無くなっているけれど、誰かに金を借りるのも恥ずかしい。親父に頭下げて働くのも恥ずかしい。実家に戻るのも恥ずかしい。

プライドだけはご立派だったんですね。

もう、家にも住めないから!ホストで働くしかねぇ!考え方が異次元レベルでしたが、ここまで酷い状態な俺は普通に働いても挽回出来ないって思ったんですよね。友達からはヤメた方が良いよって散々止められました。

そして、ホストで代表まで上り詰めて辞めたんですが。この辺りの話しも面白いんですけど、話すと本当に長くなるので今回はやめておきます。

ホストを辞めて思った事だけど、やっぱり俺は凡人だなっていつも思ってましたね。プロにはなれない。これがいつも頭に引っかかってました。
のちにプロでない方が稼げる事に気付くのですが。笑

その話しは後半で。

kaekae
古い写真なんで特別に顔出しで笑

二章~YouTubeとの出会い~

ホストを辞める後半辺りからYouTubeが流行り出してきてました。

実はホストのイベントとかで従業員と面白い事。熱々のカップラーメンを一気喰いするとか、吐くまでコーラ早飲みとか?そういうのを撮影して動画編集してイベントで流してお客さんに見せてました。

何かの縁か分からないけど、この時から既に動画編集や動画の企画とか考えたりしてたんですね。ホストの時もツイキャスしたりと生放送には慣れ親しんでいました。

ホスト時代、YouTubeの投げ銭にハマって毎月100万とかゲーム配信者に投げたりして、投げ銭で他のリスナーさんにチヤホヤされるのを楽しんでましたね。夜王なんて呼ばれてましたよ笑

視聴者で満足してたんですけど、不思議と自分でも配信したくなってくるんですよ、これが。

今思うと僕のリスナーさんが、リスナーからカジノ配信する様になったりとかそういう感じです。そんな感じでホストやりながらゲーム配信者としてのkaekaeが誕生した訳です。

三章~ゲーム配信者kaekae~

ここからkaekaeとしての活動が始まります。僕が始めた時はちょうど、チャンネル登録1000人居ないと収益化出来ないってルールが出来た時でした。

最初に撮影したゲームのタイトルは「BF1」二桁再生ばかりでもぉ泣かず飛ばずの再生数でしたね笑

しばらく「BF1」続けましたが伸びないのが明白だったんで俺にしか出来ないコンテンツ無いかな?って思った時に、ホストで幸いにも稼げてましたので、課金動画を出すか?そんな軽いノリでリネージュのアプリ版が初めてリリースされたタイミングで課金動画やイベント周回ルートの動画や生放送をしてました。生放送の同時接続は250人程、動画も数千再生される様になってきました。

ここで気付くんですね「ライバル不在の所は再生数伸びるな」と。今でこそ論理的に分かりますが、その当時は感覚でしか分かってませんでした。

ある程度リネージュのアプリ動画が頭打ちになってくると。これリネージュのゲーム流行らなくなったら終わりじゃね?そんな事を感覚で感じ始めます。なら新作のPCゲーをいち早くやれば再生数伸びるんじゃないか?いやいや、もう超有名な配信者がゴロゴロ居る所で再生数なんか取れない。

「ん~どうしようか?レッ、、、、レトゲーや!」

閃いた僕はスーファミを買いにハードオフに走ってました。この頃から行動力が身に付いて来たと思います。

案の定レトゲーなんてやってる人が全然居なくて、生放送の同時接続は多い時で1000人とか突破してましたね。超魔界村クリアするまで終われません。とか笑
26時間とか生放送してたなぁ。懐かしい。

今でこそ当たり前に耳にする様な話しですが、僕がやってた当時はこんな事してる人は居ませんでした。そして、悪い虫が僕の中でまたザワつきだします。

ホスト時代はどっぷりオンカジにハマってたんですが。まさか、このタイミングでまたオンカジの熱が再燃焼してしまったんです。ホスト時代に信じられない程の金額を負けて、とても辛い経験したにも関わらず。

正直、また昔みたいにギャンブル中毒になるのが怖かったんですよね。人生ギャンブルで壊してますので。

けど、「少額でやるなら大丈夫だ!昔の俺と今の俺は違う!」とか適当に言い訳つけて試しにYouTubeの生放送で初めてオンラインカジノ配信をしてみたんです。

その時の同時接続数は20人程でした。まぁ伸びないよねっ。ってその時実感。またいつものゲーム配信に戻ります。1ヶ月後、過去の動画の再生数を確認してるとオンラインカジノの生放送動画の再生数が伸びてる、、、、15000再生ぐらい行ってました。

「こっこれは?」

新しいブルーオーシャン。穴場を見つけた訳です。

「よし!これからはオンカジ生放送だ!」って意気込んだのは良いですけど過去の苦い経験が蘇ります。

パチスロで人生壊された俺、ホスト時代にオンカジでボロボロになった俺。ハッキリ言って本当にやるのかどうか悩みました。けど、人間って不思議ですよね。「YouTubeで数字取りたい!」って本当に強く思ってたんでしょうね。

ここからオンカジ配信者kaekaeが誕生しました。

四章~オンカジ配信者kaekae誕生~

そんなこんなで初めてのオンカジ生放送の数字が伸びて需要がある事を知ったkaekaeは動き出します。

最初はWILD JUNGLE CASINOって所を使って生放送していました。ペースは週に1回か週に2回。

この時の動画を知ってる人も今では数少なくなってしまいましたが今でもこの時の録画を見ると笑ってしまいます(笑)この時が一番楽しかったって言ってくれる人も居ますね。ホストを辞めて貯金はソコソコあったものの昔のギャンブル中毒が再燃する事に本当にビビってました。

ただその時はYouTubeでチャンネル登録を増やしたい、再生数を伸ばしたい一心でカジノ生放送をしていたからです。カジノの生放送をする傍ら、動画制作をする日々が続きます。この時の再生数は覚えてませんが、少しづつ伸びて来てたと思います。

YouTubeの登録者、再生数欲しさに始めたカジノ配信。ギャンブル中毒に戻るかもしれない恐怖と戦いながら動画のアップ、生放送をしていると1通のメールが届きました。

「うちのカジノをYouTubeの動画や生放送で紹介してくれないか?」

恐らく日本で初めてのカジノ案件の依頼だと思います。「え?仕事の依頼?」ここからkaekaeの苦悩と葛藤、病気との戦いが始まります。

五章~好きな事で生きて行く~

俺の大好きなギャンブルが仕事になる??思いもよらない出来事、まさに“晴天の霹靂”です。

そのメールの送り主と話しをした所。日本に進出する手助けをしてくれないか?との事でした。その人曰く、kaelae以外にYouTubeでキチンとオンラインカジノの活動をしている人が居ない。言われて見ればその当時から配信画面にこだわったり色んな工夫をして真剣に取り組んでるのは俺ぐらいで、YouTubeで検索しても、本当にそういう事やってる人が居なかった。

確かにオンカジの動画は出てくるが、映像垂れ流しで実況がついてなかったりとか。粗悪な物ばかり。正直、この話が来た時は浮かれましたね(笑)

案件の内容を聞いてみると。(うる覚えですいません)「動画10本と生放送4回で10万でどうですか?」「えぇっ!?10万円!!やる訳ねぇだろ!!」

ホスト時代に毎月100とか200とか稼いでいたんで、ハッキリ言って10万円は逆に衝撃的な値段でした。貯金もソコソコあるのに、10万円の為に動画10本も作って生放送を4回やれだと?

その当時は時間に余裕が沢山あったんで動画の制作に1日8時間とか平気で使ってましたし。もちろん、カジノ配信と並行してゲーム配信やゲーム動画のアップも欠かさずやってたので。「マジかよ、、、10万円。一旦ちょっと考えて良いですか?」と返事を先延ばしにしました。

今の俺の現状を整理すると。ホストを辞めて無職、貯金生活、他の事業もやっていてそこまでの時間は無い。「けど、好きな事やって10万円貰えるのか、、、(安い)くぅ~、、やぁめたっ!」

kaekaeまさかの案件拒否。

その時既に金銭感覚が狂ってて10万円とかなんとも思わない脳内だったんですよね。10万円で条件付けられて縛られるのか?「いや絶対に無理。俺にはホストで貯めた莫大な貯金がある(今思うと糞みたいな貯金です)」

ホストで長い年月苦しい思いして、飲めない酒飲んでやっとこのクソみたいなホストを辞めて、しばらくはやりたいYouTubeやって貯金崩してハッピーな生活送るんだ!って決めてた俺にはその案件に魅力がなかったんですよね。

(この時kaeはオンカジのアフィリエイトの存在を知りません)

その理由は俺のホームカジノのワイルドジャングルカジノにアフィがなかった事。紹介すると無料チップが貰えた程度だったと思います。今考えると凄いカジノだな。

そして、しばらく経った時再び例の人からメールが来た。「どうしてもやって貰えませんか?」

後に分かるんですが、その案件の人は上司からYouTubeで宣伝出来る奴を探して来い!って言われてたみたいで。日本でオンカジ配信をちゃんとしてるのってその当時は俺だけな訳で、、、、もぉ完全に板挟みだよね。上司は日本でYouTubeやってる奴を絶対に探せ!日本でオンカジ配信してるのが俺しか居ないのに
俺は俺でそんな安い案件なんかやらないよ!って言っちゃってる訳ですから、、、、。

しかもその時の俺はホストで培った色んな交渉術に長けているという。案件を依頼して来た人は分がかなり悪いですよね(笑)

「どうしてもやって貰えませんか?」と再度言われた時には最初聞いた時と全然案件の内容が変わってました。驚く程に金額が上がってたんです。ホスト時代にシャンパン煽って渋るお客さんがブランデー卸した時みたいな喜びでしたね(笑)

それならやりましょうって事で、日本で初めてのオンカジの配信案件が誕生した訳です。

六章~楽勝な案件と迫る魔の手~

初めての案件を受ける事になったkaekae。

報酬を受け取る変わりに依頼されたカジノをプレイする簡単な仕事!生放送をして録画を切り抜いて動画編集。編集した動画をYouTubeにアップすればオッケー!昔はライバル不在なんで何やっても数字伸びてましたね(笑)

好きなギャンブルでお金が貰えるなんて幸せ過ぎるな俺。(この頃は案件を受ける意味と、のしかかる恐怖と重圧が後に降りかかる事を彼は知りません)

案件収入のおかげで、生放送の回数や動画の投稿本数を着実に伸ばして行くkaekae。生放送をすれば同時接続2000人~3000人。ボーナスが揃うだけで一瞬でチャットが流れる爽快感。一回生放送をするだけでチャンネル登録が100人、多い時は300人も増えた。

その当時はYouTubeの生放送の同時接続が200人ぐらいを超えるとYouTubeにおススメ生放送として拡散される仕組みで同時接続が増えやすい仕組みでした。
今はこの機能は無くなってますが。

ドンドン調子を上げて行くkaekae。一回動画を出すと、アフィリエイトの登録が1日で800人を超える日もあった。(この頃はまだkaeはアフィリエイトはしていません)そんな中、一つの動画が旋風を巻き起こします。バリバリ目!これで気付く人はかなりのkaekaeマニアだろう。

「ミリオンコインリスピンプラス」って機種で俺が考案した打ち方で揃えば1発100万配当の動画だ。(今でもたまに打ちます)これが大ブームになってたみたいで、その当時アフィリエイトをしてなかった俺は。カジノがダイレクトに儲かってたみたいで。

そこの会社のCEOが「カエカエ~ アメイジング!アナタニアイニ ニホンニイクネー」って感じで日本に来る事になったんですね。僕の配信経由で相当儲かったんじゃないのかなと?金額は教えてくれなかったんですけど、部下とか沢山引き連れて来てました(笑)相当気に入られたみたいですね僕。

そんなライバル不在の中。ドンドン過激になっていくkaekaeに試練が待ち受けていました。

七章~チャンネルBAN~

完全に浮かれて居た俺は昔の悪い癖が出始めます。すぐ調子に乗る所です。「もっと数字が欲しい!もっと数字が欲しい!」ここで最大のミスを犯してしまいます。動画内で「みんなここのカジノ登録してね!概要欄のリンクから登録出来るよ!」なぁんて迂闊にもそんな動画をアップしてしまったんですね。

その当時からカジノのアフィリエイトリンクの貼り付けは禁止されてました。(ちなみに貼り付けたアフィリエイトリンクは僕のアフィではありません)

その時はチャンネル登録6000人程のチャンネルに成長。そして、YouTubeから3通のメールが同時に届きます。

1通目、動画削除、1ストライク
2通目、動画削除、2ストライク
3通目、動画削除、チャンネル凍結

まさかの1分の間に3ストライク食らってBANされました。3通目のストライクはサムネにPLAY BOYか何かの機種のバニーちゃんがサムネに映ってただけでストライクが来ました。異議申し立てをするも通らずにBAN。これは意図的にBANさせる為に無理やり2ストライクと3ストライク目の動画を適当に当て付けた感じです。

もう、頭が真っ白になりましたね。

YouTubeに全てを捧げてました。寝る間も惜しんで動画編集して生放送して。チャンネルがほんとに伸びて来る頃にYouTubeはやってくるんです。ここから、YouTubeと僕との戦いが始まります。もう何も手につかなくなって1週間何も出来ませんでした。

「これからどうすんだよ。案件も受けちゃってるし。1からチャンネル作り直すのかよ。」

チャンネルを伸ばす苦労を身に染みて分かってるので本当に辛かったです。俺がダメだったな甘かった。ニッチな世界なのにそりゃ誰もオンカジ配信なんかしてない訳だ。頭イカれてなけりゃオンカジ配信なんかしないよな。だからブルーオーシャンなんだ、、、、。けど、リスク取れなくて俺みたいな凡人が這い上がれるのか?切実に色々考えました。

リスナーさんや案件くれた企業からの励ましもあって。また今一度チャンネルを立ち上げます。それが今のチャンネル 「kaekae Channel」です。

八章~再起と出会いそしてマネーラッシュ~

新たにチャンネルを立ち上げたkaekaeその名も「kaekae Channel」そのまんまやんけっ(汗)

意外と2000人登録まではすぐに伸びましたね。対策としてサブチャンネルも作成。生放送はメインチャンネル、生放送の録画はサブチャンネルにアップ。見所ある所は動画編集してメインチャンネルにアップって感じだ!この当時はチャンネルBANされても再起が早かったですけど、今BANされたら、、、、。ってBANされても大丈夫なように対策は沢山施してましたけど。

この頃から少しづつオンラインカジノ配信をする人が増えて来ましたね。俺の影響受けて真似する人が沢山居ました(笑)V-TUBERの先駆けのカエ太君を真似したり。俺の口癖真似する人が続出してました笑今でもパタって言葉使ってる人は多いんじゃないかな?

これ僕が流行らした言葉なんですよ?

そして、同時に沢山案件の依頼が来る様になりました。「もぉこれ一人じゃやれないんじゃね?」って言うような量の案件引き受けてましたね。ここも後ほど話します。

そして、ここで一つの転機が訪れます。CASINO-Xさんからマニラで行われるオンカジのカンファレンスに招待されたんです

カジ旅のパネル
マニラで撮ったカジ旅さんのパネル

ここで色んなカジノさんとお話しする機会があって沢山お仕事貰いました。そして、ここマニラで出会ったある人が居ます。それは今も繋がりがあるんですが。アフィリエイトのプロ!○○さんです。

会ってすぐ意気投合した僕達は日本に帰国してからすぐに一緒にビジネスを始めました。それが後に大きな収益を稼ぎ出す事になるんです。この話しは後ほどします。

日本に帰国してますます、オンラインカジノ配信や動画をアップする事に力を注いでいきます。気付いたらその時すでに仕事を受けれる許容範囲をかなり超えてたんですよね。日本で1番のカジノ配信者だとかなんとか言われて、沢山仕事が舞い込んで来てたんです。1ヶ月の収益がマニラのカンファレンス後に500万を超える様になってきてました。

ハッキリ言って自分個人で扱うような金額でも無いし。俺ってすぐに調子に乗るタイプで今までの人生で沢山失敗してドン底に落ちてきた。「なんとかこのお金は守りたい」って思ったタイミングで起業しました。

法人一社と合同会社一社、同時に立ち上げです。なぜかって?「カエカエ~ アメイジングダヨ~」って言ってくれてたCEOが「カエカエ~ アメイジングネー アナタニ ワタシ トウシ スルネー 50000ドル デ イイカー?」こんな感じです。ハッキリ言ってあり得ないですよね。

そんな感じでドリームガールズが誕生したんです。

九章~kaekae dream grils~

そんな軽いノリで始まったドリームガールズ。個人に投資するって言われたけど、会社組織にした方が良いなって事で合同会社作りました。ドリームガールズの目的は「YouTubeでの配信、動画投稿、アフィリエイト」って具合。

もぉみんな知ってるよね(笑)まぁ結論から先に言うと大失敗ですね。

○○ちゃんは本当に頑張ってて、動画も生放送も沢山して数字も良かったんだけど。給料も結構な金額渡してました。もちろん、会社も利益出てましたよ?ですけど、思わぬ害虫達が寄って来てたんですね。

オンカジ界隈ってのはやたら女の子に群がる習性があります。○○ちゃんの時もそう。「一人でやった方がもっと稼げるよー?」「その手伝いしてあけるよー?」「サイトも作ってあげるよー?」ってそそのかされて、まんまとそれに乗っちゃいましたね。まさかの裏切り。

ハッキリ言ってオンカジ配信者のパイオニアでアフィリエイトにも精通してる俺からしたら。そんな素人に毛も生えてない奴が、一人でやった方が稼げる?んな訳ないだろって。ウチの会社が全面バックアップ、ノウハウや知識を教えてやれるからこそ成り立ってる訳であって。独立して今までより稼げる訳ないんだよね。

実際にそいつらが何百万も収益出してるなら分かるよ?まったく稼いで無いんだから。結果的に謀反起こしたものの一向に稼げず、何も良い方向になんて進まないよね。たまにその子の話しが出るけど、今も続けてたら凄いお金稼いでたよね。って話題に出ます。ほんと、人生ってどうなるか分からない。今は何してるのやら。心配になります。

○○○ちゃんは、卒業って形でちゃんとやり切ってくれたけど、全然収益は出なかったなと(笑)けど喋り面白かったなー。昔は予算決まってたから残念で仕方ない。今だったら潤沢な予算組めるからまた違った方向に進むのに(笑)

もう2度とドリームガールズが結成される事はないでしょう。

十章~リスクの分散、俺は死ねない~

マニラのカンファレンス前からこれからのオンカジの未来を考える事が増えました。「YouTubeで活動出来なくなったら?」
もちろん案件沢山受けてるから死亡が確定します。本来アフィリエイトはやるつもりなかったんですよ僕。

なんか色んな人に色々変な事を言われますけど。もちろん、アフィなんてやらずにカジノ配信してたかったのは事実なんです。ですがYouTubeでこの先活動出来なくなる、もしくは活動が制限される。そんな事になったら会社はどうなる?リスク分散するしかない。

皆さんがカジノ配信とかする随分と前から対策をしてきました。

YouTubeに頼らない。サブチャンネルを作る。
Twitchで活動する。SNSで活動する。
そして、最後にアフィリエイトをする。

この結論に至ったんですね。

今だからネタバラシしますが、マニラから帰国後数日でサイトを新しく立ち上げました。ドメインは10年使ってる高品質な物を50万ぐらい出して購入。キーワード選定してひたすら記事を書きました。それが今のkaekaeの公式HP、今では月間数千万円の利益が出ています。それに加えて違うサイトも二つ運用していますが、これもリスク分散の一つです。

アフィリエイトの難しさを身に染みて分かったんですけど。とにかく登録が出ないんですよね。ウェブの世界ってのはオンラインカジノの俺よりさらにパイオニア様が沢山居まして。猛者ばかりなんですよ。

その当時今からやっても遅いって言われてましたけど。「今からやっても遅い?ならやってやろうじゃねぇか!」ってな感じで突っ走ってましたね。ちなみに、今からウェブサイトを作ったり、既存のカジノ配信者のサイトは無価値です。もう本当に遅いです。あと知識が無さすぎてただのLPになっちゃってます。

本当に真剣にやってる人ってのは僕に色々聞いて来たりします。ほんとその少しの差が勝敗を分けるんです。オールインさんも始めた当初はアドバイス求めに来てましたよ?そういう人達がやっぱり生き残ると思います。

起きた問題や起きそうな問題、それに対して対策をこうじる事はとても大切です。今YouTubeが調子良いからってそれが未来永劫補償なんてされてないんです。デモマネーでアフィリやってるクソ野郎って言う人も居ますけど、ここまで来るのに血の滲む思いで進んで来て、睡眠時間削って、遊ぶのもやめて、誰かの生活の為に一生懸命やってきたんです。

何も知らないのに、映像の中の僕だけを見て何かを言われる筋合いは無いです。

僕の使命は皆さんに面白い動画を沢山提供するってだけです。その過程で犠牲にした事も沢山あります。その話しは後ほど話します。

十一章~YouTubeとの決別~

ある日を境にYouTubeとは決別する決意をしました。皆さんご存知の一番ユーザーが多くて、色んな人にリーチ出来る最強の動画配信サイト。だけど、ハッキリ言ってもうここで俺は活動出来ないなって思う時期があったんですよね。と言うか今も無理って思ってますけど。

動画はBANされるわ生放送はBANされる。朝起きて携帯見るのが怖かったです。「警告来て無いかな?」って。対策のために今はチャンネルが3つもあって申し訳ないです。

そして散々僕は警告してきました。「YouTubeで概要欄にアフィリエイトリンクを貼るな」と。過去にBANされた経験もあるからってのもあるんですけど、YouTubeのルール上ダメなんです。それを、自分がアフィリエイトの登録出ないのを良い事に。YouTubeに頼り切りURLを載せる。するとどうなると思います?

対策されてドンドン厳しくなるんですよ。そして、その被害をモロに受けるのは誰だと思います?チャンネル登録が一番多くて、一番再生数がある僕のチャンネルです。その当時は、底辺配信者がルール無用でみんなの畑を荒らす事がほんとうに許せなかったですね。

今はそのルールも浸透して若干落ち着いてる雰囲気ですけど。また何か起きる事は間違いないです。その時に待ってるのは対策を怠った人達の悲鳴声です。そして、このYouTubeのストレスに日々さらされた僕はとある変化が起こります。

十二章~精神の限界点~

日々沢山の案件をカジノさんから頂きました。「kaekae儲かって良いね?」って思いますか?皆さんの想像してる物とは全然違いますよ?案件を僕に依頼するって事はカジノは結果を求める訳ですよね?その重圧って分かりますか?もし、成果が出なかった場合やカジノ側の予算や考え方の問題で案件が打ち切りになったりします。そうなると当たり前ですが、稼ぎが減る訳です。

稼ぎが減るとどうなりますか?底辺時代に僕は再び舞い戻らないといけない訳です。

「成果を出さないと!成果を出さないと!数字!数字!数字!」「寝てる暇なんてない!動画作らなきゃ!編集編集!生放送!生放送!」「この契約切れたらこんだけ収益が減る。会社が維持出来ないぞ!?」「税金!税金!」

例えると学校が嫌でお腹痛くなったり吐き気がしたり、日本代表選手になって国民の期待を一身に背負った状態での本番想像出来ますか?YouTubeからBANされたら一気に全部ダメになるぞ?朝起きたらビクビクしながら携帯を見る。YouTubeの数字を見る、収益を見る。

これ全部が物凄い重圧とストレスなんです。

「もし仮にカジノとの契約が全部切れたら?」「YouTubeダメになったら?」「社員はどうなる?」「会社はどうなる?」そんな状況が続くと配信中に手から汗が出て、呼吸が苦しくなり、油汗が出て、声も出なくなりました。もう精神が持っていなかったんでしょうね僕の。

ガムシャラに突っ走って来た3年間。ホストで鍛えられてたんで自分の事はタフだなと思って勘違いしてましたね。ホストで受けてたストレスの100倍キツかったんでしょう。人間って簡単に壊れるんです。金を稼ぐ事で幸せになるはずが逆に追い詰められてたんですね。

「好きな事で生きていく」

そんな気持ちで始めたYouTubeが、その当時は全然違う意味になってました。配信を中断してそこから2ヶ月間パソコンの前に座れなかったです。何百回とやってきた生放送、いつもの椅子に座っていつものモニターの前で楽しく話す。

そんな事も体と心が拒んで、配信部屋に入れなくなりました。けど案件があります。契約があります。

「やらなきゃダメだ!やらなきゃダメだ!」って思うほど、パソコンの前に座って配信開始ボタンを押す。コメントが流れる、そのいつもの光景なのに。もうまともに話せる状況じゃなかったな。

そんな状況がどうやって治ったのかって?

2ヶ月間とりあえず飲み歩いてみました。1000万ぐらい使いましたかね?これに意味があったかどうかは分からない。一番大きかったのがリスナーさんが支えてくれた事です。「ゆっくりで良いんですよ」「30分でも良いから短い時間でも良いから少しづつやりましょ」ってね。

「契約あるのに!そんな事言ってられるか!」って思う部分もありましたけど、そんな言葉に救われました。従業員も2ヶ月ぐらい休んで下さいって言ってくれて、心なしか楽になったと思います。適応障害って聞くけど、芸能人がカメラの前に立てなくなるのってこういう事なんだって実感しました。

だからこそ、収益は分散して新しい事業を沢山やるぞって心に誓いました。

十三章~第二波マネーラッシュ~

そんな苦境を乗り越え?って未だに乗り越えれて無いですが。また新しい出会いそしてマネーラッシュが訪れました。

「YouTubeに頼らないやり方!生放送はTwitchでしかやらねーからな!」って決めた僕ですが。それが思わぬ幸運を呼びます。YouTubeのオンカジ配信者は一度や二度Twitchで配信した事があると思います。「ん?YouTubeと違ってやっぱり人来ないなー。
ツイッチでの配信はやめよ!」なぁんて人は山ほど居ます。

ですが、YouTubeの生放送と決別したkaekaeは意気込みが違います!「俺はTwitchでやってくんや!人なんて来なくても良い!続けて!続けて!Twitchでやり切るんや!」そんな感じで生放送はTwitch一本に絞る、日本人のカジノ配信者は周りを見渡しても俺一人。

「なんて過疎ってやがるんだTwitch、、、、、恐ろしいぜ。」Twitchのヤバい所はジャンル別で分かれていて他のジャンルの所には配信がおススメされない仕組み。なんじゃこれ!生放送しても全然人がこねぇ!クソっ思ってたとおりだ。YouTubeのチャンネル登録14000人居ても1ミリも意味がねぇ!

クソみたい動画しか上げてなくて1ミリもおもろく無い奴がYouTubeで視聴者400人だと?たいして金も稼いで無いビジネスセンス0の分際で生意気な!ゴミみたいなアフィリエイトもしやがって、なんのリスクも考えてない脳筋野郎共め!お前らそんなんだから金が稼げれねぇんだよ!と思いつつツイッチでの活動を継続していました。

Twitchの良い所ってのは外人が山ほど居るんですよね。そんな中で日本で俺しかtwitchでオンカジの配信をしてないもんだから、まだ日本に進出してない外人のアフィリエイトマネージャーから案件依頼が殺到する殺到する。「カエカエー ツイッチ デ ヤテクレヨー」もちろん全部英語で依頼が来ます。日本語話せる奴なんて一人も居ません。

安心してください。ウチの会社の従業員ほとんど英語話せます(笑)

「カエカエー ツイッチ イイカー?」

「えー私たちはYouTubeでこれこれこうで、サブチャンネルはこうでwebサイトは8万PVで他にもサイトをやってましてねー。カクカクシカジカなんですよー!」

「オー カエカエ アメイジング ツイッチ ノ ミテルヒト スクナイネー ケド ホカノ パワー スゴイネー イッショニ シゴト シタイネー」

ってな感じで案件殺到してました。そのカジノの日本で初めての配信者はkaekaeって事になる訳です。ちなみに案件のお金はべらぼうに高額です。他の人の10倍以上はあると思います。

ハッキリ言って他の配信者でちゃんとやれてる、稼げてる人って聞いた事ないですね。そこで数千万円の利益を上げたkaekaeは調子に乗らずに前回の反省を活かして慎重になります。ここでまた新たな出会いがあります。

「stakeカジノ」です。

stakeカジノは各国の一番有名な配信者と専属契約します。その国で一番有名な配信者と独占契約を結ぶにあたり破格の条件を提示してきます。僕も過去で一番高額な契約金でした。(言えませんが驚きの金額です)

他にもstakeの案件受けてる人は居ますが、代理店通してて僕とはまったく異なる契約です。僕の契約の1/100ぐらいの金額だと思います。僕は本社直の契約、他は代理店経由みたいな感じ。「Twitchで視聴者数がそんなに居ないのになぜ俺と契約を?」皆さん気になる所だと思います。

ハッキリ言って僕はビジネスマンだからです。

YouTubeで視聴者数1000人いようが2000人いようが、Twitchで1000人生放送で人集めてようが僕には勝てません(天狗じゃないですよ。)オンカジの未来やオンカジ活動が不安定なYouTubeの行く末を見て、リスク回避した結果。総合的に1番なんです。カジノが何を求めているか?自社のカジノで遊んでほしいんです。

YouTubeで2000人同時接続してる配信者がstakeカジノで遊んでもらえるように導線作れますか?いやぁ無理でしょう?生放送しか脳が無い脳筋なんですから。生放送に人がこれば正義?ゲーム配信ならそうでしょうね。ことオンカジ配信に至っては違います。

1000人居ようが2000人居ようが意味が無いんです。

SEO対策も出来てないようなサイト。ビジネスもした事ない様な人達。遊びの延長戦上でやってる人達。アフィやカジノの事に精通してない。俺は頭がおかしくなる程、心がぶっ壊れる程。カジノ事を考えに考え、出来る全てのパワーをぶつけてる。

そんなロジックも無ければ努力も経験も無い様な人達が今さら勝てるわけがないんです。

君が寝てる時にも俺は考えてるし
君が遊んでる時も俺は考えてるし
君が考えてる時はもちろん俺も考えてる

メイウェザーじゃないけど、ほんとにそうだと思う。それだけの努力をしてきたからこそ揺るがない自信がある。突っ走って来たからこそstakeと出会えたんだと思う。

stakeは本当に配信者の事を分かっていて、ツイッチでURL貼れない様に規制された時もどんな時も味方で居てくれる。だから俺は結果を成果としてステークに持ってくだけ。それが1番の恩返し。それにステークは皆んなが勝てば勝つほど利益が取れるシステムだから、俺はそこが何より好き。だから稼げた分の一部は還元したい。

十四章~これからのkaekae~

そんな感じで年収1億円を達成するまでに3年程でした。これも、皆さんが応援してくれるから成り立ってるのは決して忘れていません。今の俺に何が出来るのかな?って良く考える事があります。お金もある程度あって、困ってる人達を助けたいとか、ボランティアしたいとか。

プレゼント企画したり、お金配ったり、けど、こんな世界で生きてるだけじゃダメだなって。皆んなが応援してくれるんなら、もっと有名になって。期待に応えるのが1番だと思う。

その為に何が出来るかなって考えた時に今は何も思いつかないけど、皆さんの娯楽として一つの時間潰しでもいいし、僕の動画見て笑顔になれるでも良いし。そんな事からまた一から始めたいと思います。どんどん色んな事業が展開していって時間も余裕も無いけど。走る事しか出来ない凡人だから走るのやめた時点で僕は終わります。周りにもそう言われてるし(笑)

そういえば冒頭で話した話。俺は凡人だからプロになれない、プロになれないからこそ金が稼げたって話を最後にしますね。

自分がプロになれない事を分かってる時点で人より前に進んでるのよね。

何か一つを極めるって事は一見良い事なんだけど、裏を返したらそれしか出来ないって事なんだよね。プロゴルファーしかりプロ野球選手しかり。ゴルファーからゴルフ取り上げたらどうなる?野球選手から野球取ったらどうなる?何も残らないよね。

だからプロになれない人ってのは平均点が高い。すなわち自分より優れた人を見抜ける。って言うことは?もう分かるよね。

長々と書きましたが。最後まで読んで頂きありがとうございます。

一晩でこの記事書き上げました。良かったらコメントや良いねもらえたら助かります。ありがとうございました。