【ガチ勢へ】オンラインカジノの収支をつけるメリット・デメリットを解説!

【PC】ボンズ記事内バナー 【PC】カジノフライデー記事内バナー 【モバイル】クラウドベット記事内バナー

ちーす!kaekaeです。

皆さんはオンラインカジノをするとき、その収支をつけていますか?

小まめに収支をつけたり、データを取って管理したりされている方もいるかと思います。もしくは、「そんなものいらない!どうせ勝ち負けハッキリわかるんだから!」という方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、ガチ勢であれば絶対にオンラインカジノの収支はつけるべきだと考えています。

本記事では、収支をつけることによるメリット・デメリットや、収支のつけ方などを解説してみました。

また、収支以前に『まずはオンラインカジノを楽しみたい!』って方は無料の入金不要ボーナスで一度遊んでみてください。

参考リンク:無料でお小遣い稼ぎ!オンラインカジノの入金不要ボーナスを活用しよう!

 

オンラインカジノの収支や戦績は絶対につけるべきです!

これだけは言っておきます。収支は絶対につけるべきです。

その理由は、収支をつけることによってたくさんのメリットがあるからです。

「えー、面倒…」とか、「収支をつけても、つけなくても、勝つ時は勝つし、負ける時は負ける!」と考える人もいるでしょう。

KAEKAE
確かに面倒やけどw

しかし、収支をつけることによって様々なメリットがあることを知れば、きっとあなたも収支をつけたくなるはずですよ!

逆にちょっとしたデメリットも整理していますので、最後まで読み進めてください。

 

【収支をつけるメリット1】勝ち負けが一目瞭然で管理できる

毎日、いくら勝ったか、いくら負けたか。今週はプラス?マイナス?今月は…?

今月は、どのくらいの利益率だったんだろう。それが、一目瞭然です!

その時は、いくら勝ったか、負けたかは分かっていても、2日3日と時間が経過してしまえば、もう覚えていませんよね?

ギャンブルで勝ちたい人が、収支をつけないという事は矛盾している話ですよね。

仕事で一流とされる人を例にしてみましょう。

中長期の目標を立てる。⇒当たり前にその日のスケジュールやタスクに対し、『これはできた』『これはできなかったので持ち越し』というような1日単位の仕事ぶりを管理しています。そして、目標を達成させるために軌道修正や邁進していきます。

オンラインカジノでも、しっかりと成果を上げたい人ならば、その時の収支を把握すべきです。あとの項でもお話しますが、現状把握⇒軌道修正や改善で成果を出していきますので、毎回の収支を管理が先の未来への成果につながります。

KAEKAE
オンラインカジノで成果を上げるのは、個人的に仕事で成果を上げるよりも難しいかなと。そのため、この項目はやって当たり前の部類にはいりますねw

収支をつけて、しっかりと勝ち負けを管理しましょう。

 

【収支をつけるメリット2】損切りが意識できる

皆さんが一番苦手な損切り…負けることの重要性については、別の記事で詳しくお話しをしましたが、収支をつけることによって、損切りに対する気持ちも変わってきます。

参考リンク:オンラインカジノで負ける原因と対策。『ほぼ自滅しているだけです』

収支をつける事で、負けをしっかりと受け入れることができるようになるし、勝てば『その負けなんて数日で取り返すことができる』と、視覚的に理解することができるんです。

「今日は、-13,000円だった。だけど、昨日は+6,000円、一昨日は+5,000円。明日には取り返せるから熱くならずに今日はやめて、また明日がんばろう」

こんなメンタルで取り組むことができるようになります。

 

【収支をつけるメリット3】データ分析で苦手の克服ができる

収支をつけると、そこから単に勝ち負けのデータだけではなく、様々なものが見えてくると思います。

例えば、「いつも朝やっているときは、マイナスだけど、夜にやるとかなり勝率がいいな…」みたいに、自分の勝ちパターンのようなものが徐々に見えてきます。

KAEKAE
これはもう少し手間をかけて、収支+@で『いつプレーしたか』という記録もつけないといけませんが💦

そしたら今度は、「なぜ、朝は負けるのだろう」この部分にフォーカスを当て、負けている原因を探っていけます。

最終的には、「朝は、仕事前の時間がないときにやっているから、焦りがあって冷静な判断ができないから負けるんだ」というような結論を見つけ出すことができます。この部分は個人の裁量を伸ばしていくところに精通しますね。

オンラインカジノで勝ち続けるためには、多少なりとも個人の裁量は必要だと思っています。よく、情報商材で『バカラ必勝法』などの手法を提供している方々がいますが、結局は自分次第なとこってあるんですよね。。

フェラーリを渡されても、運転がド下手な人だったら結局目標地につく時間は原付と一緒。。みたいな。。

 

【収支をつけるデメリット】手間が少しかかる・意識しすぎて逆に大きく勝負できない

オンラインカジノ収支を毎日コツコツつけるということは、少なからず労力がいります。

ノートに書くなら記録する時間。エクセルにまとめるなら収支管理表の構成や日々入力する時間ですね。

また、逆に収支を管理することによって大勝ちの機会が減るのかなと。個人的にはガチ勢であればそれでいいのかなと思うのですが、やはり月の中で大勝を作れる日があれば、プラス収支はすごく楽になります。

収支をつける事で、『目標額まであと1勝やし、次勝ったらやめよう』という意識が強くなります。その場の流れがよくても切り上げてしまいがちです。そのため、大勝の機会を自ら捨てる事になりやすいのです。

 

おすすめ!流れに乗っているなら最後までベットする!

『あと1勝!』というところでベットが的中するとします。その時、『今、波がいいな』と感じる場合はそのまま継続させましょう。思わぬ大勝をつかみ取ることができるかもしれません。

逆に、波が良いと感じてベットしたものの。。外してしまった。。

という場合には、潔く逃げてしまいましょう!!

多少の利益を落としたかもしれませんが、その時点で勝ちは確定しています。

この辺の考えは必勝法で有名でもある『ハーフストップ法』的な考え方ですね!

参考リンク:ハーフストップ法はオンラインカジノ攻略法ではなく必勝法?!

 

オンラインカジノの収支はどうやってつけるの?

収支をつけるメリットについて、十分にご理解いただけたかと思います。

それでは、実際にどのようにして収支をつければよいのでしょうか。

収支のつけ方は、人それぞれだと思います。

毎日のことですので、できるだけ無理のない範囲で、まずは簡単なデータから管理してみてはどうでしょうか?

例えば、「日付」・「その日のスタートの残高」・「その日の最後の残高」「スタートの残高と最後の残高の差異」これだけでも、日々自分がどれだけ勝ったか、負けたのかが把握することができます。

さらに、賭け金の合計額を入力しておけば、「出金条件がベット額の20倍だから、あと、3万円ベットすれば引き出せる」など、オンラインカジノで貰ったボーナスを使う時にも役立ちますよね。

またオンラインカジノをした時間を管理して、自分の得意とする時間帯や、よく負ける時間帯を把握して、上手く立ちまわることもできるようになります。

さらには、どんなディーラーがいるのかをチェックしてみるのも面白いですね。(テーブルライブゲームの場合)

ルーレットで言えば、いつも0周りに落ちることが多いディーラー、落ちる場所が全くバラバラで全く読めないディーラー、イケメン&美女ディーラー(笑)

ディーラーのクセを見抜いて、苦手なディーラーの時は、ベットしないという選択もできますからね!

 

【まとめ】オンラインカジノ収支は必ずつけろ!

いかがでしたか?このように、面倒くさいと感じてしまいがちな収支管理ですがちょっとの手間で、あなたの収支にもきっとプラスに働いてくれることでしょう。

そして、そこから発展させていけば、自分だけのオリジナルデータ管理が出来上がります!

ぜひ、一度、収支を見つめ、損失を受け入れ、自己分析されてはどうでしょうか?

オンラインカジノは規制されない!今後、合法にむかう理由とは?

ちーす!kaekaeです。

今現在、オンラインカジノは違法でも合法でもなく、いわゆるグレーゾーンにあたります。日本ではオンラインカジノが規制されてないんですよね。

そこで気になるのが、今後日本におけるオンラインカジノを取り締まる法整備はどのようになっていくのか?といった点です💦

ワタクシ個人的な意見としては、合法化に進むのではないか?と考えております。

 

今後のオンラインカジノ規制について

先ほども言ったように、今後オンラインカジノに規制はかからないと思っております。そう考える理由はいくつかあり、以下の通りになります。

  • オンラインカジノがまだ広く認知されていない(目立ちだすと規制がかかる可能性あり)
  • オンラインカジノを規制してしまうと、闇カジノやインカジ店など違法賭博店が増える危険性がある
  • 日本はオンラインカジノを規制するのではなく、合法にする可能性が大いにある

この内容を深く説明していきたいと思います。

 

オンラインカジノがまだ広く認知されていない

日本では、まだオンラインカジノの存在が広く認知されていません。

この記事を見ているあなたの周りに、オンラインカジノを知っている人が何人いるでしょうか?

おそらく、この記事を見ているあなたくらいしかオンラインカジノを知っている人間はいないのではないでしょうか?

私も同じです。私の周りにはオンラインカジノの存在すら知らない人がほとんどです。

KAEKAE
動画のリスナーさんくらいかな??

まだまだ、競馬やパチンコ・スロットなどの国営ギャンブルの方が数百倍認知度は高いです。(正確にはパチンコスロットは国営ギャンブルではありませんw)

『オンラインカジノ?それ違法やろ!!』

オンラインカジノという文言を出すと、そんなレベルの答えが返ってきます。笑

先ほども言いましたが、オンラインカジノは違法でも合法でもありません。その辺に関しては、『オンラインカジノは違法?合法?知りたい事すべて教えてやる』を参照くださいね。

これが。。

『オンラインカジノって熱いみたいやね!俺もやるわー!!』

って日本でもなってくれば、いよいよ規制の開始。。かもしれません。

しかし、規制と言っても違法になるとは限りません。

その辺りの見解を次の項で説明していきます。

この時点でオンラインカジノに興味を持った人は、以下の参考リンクから無料で試してみてはいかがでしょう?(記事は最後までみてねw)

参考リンク:無料でお小遣い稼ぎ!オンラインカジノの入金不要ボーナスを活用しよう!

 

オンラインカジノを規制してしまうと、闇カジノやインカジ店など違法賭博店が増える危険性がある

オンラインカジノを規制してしまうと、必ず抜け道を探して金儲けしよとする輩がいます。

それが違法賭博店。

インカジ、闇カジ、裏カジノがそうですね。現在でも、繁華街には多数の違法賭博店が存在し、警察も摘発に躍起になっているのは間違いありません。

もしオンラインカジノを規制してしまうと、これまでのオンラインカジノユーザーはどこに流れ着くのか?

パチンコ?スロット?

はたまた競馬か??

いやいや、一度オンラインカジノをプレーした人が競馬やパチスロにはまることは考えにくいです。還元率が高く、稼ぎやすいオンラインカジノ。さらに言うと、一発の破壊力もオンラインカジノは持ち合わせていますから、国内のギャンブルに移行することは決してないでしょうね。

そうなると、逆手にとってビジネスを展開していくのが違法賭博店になると思います。

風俗がなくってしまうと性犯罪が増えてしまう原理と同じです。

オンラインカジノを規制してしまうと、違法賭博店に手を染める犯罪者(プレイヤ)はあとを絶たないことでしょう。その辺りも日本のエライ人達は重々承知していると思いますので、オンラインカジノの規制はない。言い換えればできないということになると思いますよ。

ちなみに、インカジや裏カジノなどの違法賭博店は絶対に勝てません。その理由については、『インカジの勝ち方は存在する?いや、絶対に勝てないだろw』って記事を参考にしてください。

 

日本はオンラインカジノを規制するのではなく、合法にする可能性が大いにある

日本はオンラインカジノを合法にする可能性がかぎりなく高いと考えています。

その理由は、財源の確保や現パチンコ業界の衰退によるものだと考えます。

オンラインカジノを合法化して財源を確保する

日本で合法化を進める事により(合法化することにより)、日本の政府(国)がオンラインカジノの運営ライセンスを発行することができるようになります。

運営ライセンスを発行することにより、運営元からライセンス発行時・継続時に費用を徴収することとなります。その費用が、今厳しい日本の財源に組み込まれるのではないか?と予想しています。

カジノ法案が可決されランドカジノの収益に関しても財源として徴収する事となりそうですが、やはりインターネットの期待値は高いですからね。お客の集客も確実にオンラインカジノの方が簡単かつ、収益は上がりやすいです。

ということは。。

そこに目をつけて、大手企業があの手この手で集客を開始⇒ライセンスは発行以外にも、稼いだ企業からの税金徴収もできます。

国にとって、オンラインカジノを合法化するメリットは非常に大きなものと言えますね。

 

パチンコ産業の衰退により、白羽の矢がたつ

現在のパチンコ業界をみれば良く分かりますw

日本の法律では完全にアウトな運営を行っているパチンコ産業。警察も本気を出せばいっぱつ退場できるはずですが、全く動きなし。

『3店方式』といったクソみたいな言い訳で、賭博法から免れています。なぜ日本はこんなことをしているパチンコ産業を野放しにしていると思いますか?

それはパチンコ産業を残すことで、国に旨味があるからです。

有名なのは、警察の天下り先がパチンコ産業(企業)といった話でしょう。

ただし近年、パチスロ業界も度重なる規制のおかげで年々客離れが加速しています。

次にパチンコ業界が目をつけるところは。。

そうです。

オンラインカジノになります。

オンラインカジノを規制することなく、逆に合法にしてしまう。そうすると、パチンコ産業で活躍してきた企業は、こぞってオンラインカジノの運営側に回る事でしょう。胴元はお家芸ですからねw

パチンコ産業がオンラインカジノの運営を行う事によって、国はこれまでどおりおいしい想いを続ける事ができますからね。

あると思いますwww

KAEKAE
クソ野郎ばっかりじゃねーかw

 

まとめ

オンラインカジノを規制することはなく、逆に合法化に進めていく。

これが私の考察です。賛否両論はあると思いますが、日本がオンラインカジノを合法化することによるメリットは数えきれないくらいあります。

また、シンプルにオンラインカジノを規制すると違法賭博店が増え、犯罪者も増えるリスクが高まります。

それらの事から、今後オンラインカジノは合法になると結論づけてみました。

正解ではないので、参考程度に💦

Archives

表示するアーカイブはありません。

Categories

  • カテゴリーなし