【保存版】オンラインカジノ初心者ガイドブック

【PC】ボンズ記事内バナー 【PC】カジノフライデー記事内バナー 【モバイル】クラウドベット記事内バナー
KAEKAE
オンラインカジノで遊ぶのは若干ハードルが高いですよね。調べようとしても色々な情報が溢れていてわからないと思います。そこでこのページでは、オンラインカジノのリアルな情報オンラインカジノで普段から遊んでいる人がやっていることに絞ってご紹介します。

 

オンラインカジノとは?これが正しい情報です

KAEKAE
ネット上では裏の取れない情報が適当に拡散されており、初心者の方は混乱してしまいますよね。。。

僕はこの業界で長年配信していますので、カジノ側の人間やその界隈から正確な情報を仕入れることができます。また、うちのスタッフには元オンラインカジノの正社員だった者もいるので、リアルな情報を皆様にお届けすることができます!

結論
違法でも合法でもない、オンラインカジノを取締る法律が現在の日本にはない。

よく違法か合法かという論争が繰り広げられていますが、そもそも対象となる法律がないので違法も合法もありません、いわゆるグレーゾーンです。

しかし、実際に警察が介入し、結局不起訴(お咎めなし)となったケースもあります。

▶︎違法ではないことが証明される!!オンラインカジノ逮捕者が不起訴となる。

また、オンラインカジノを運営するためには、オランダ領キュラソー政府やイラリアのマルタ島、フィリピンのマン島などが発行するギャンブル運営ライセンスを取得する必要があります。つまり、オンラインカジノの運営会社自体は完全に合法で運営されています。

違法性については下記の記事で詳しく解説しています。

▶︎オンラインカジノは違法?合法?知りたい事すべて教えてやる

結論
初心者の方はまず大手のオンラインカジノにしておこう。少し慣れてきたら入金せずにもらえる無料ボーナスを使って色々なオンラインカジノを試すべし!

今日、Googleで『オンラインカジノ』と検索すると、多くのオンラインカジノ紹介サイトが出てきます。基本的には上の方に出ているサイトで紹介されているオンラインカジノを選んでおけば間違いありません。

当サイトで紹介しているオンラインカジノは、元オンラインカジノ正社員だったうちのマネージャーが担当者と話し合った上で安全と判断したオンカジだけを紹介しているので安心してください。

KAEKAE
日本のオンラインカジノ市場はまだまだ小さいです。そんな中で不正行為や引き出し拒否なんかやれば、噂はSNSですぐに広まって日本人のユーザーが一斉に離れちまいます。オンカジからすればマイナスしかない、そんなことする意味はないんですよね。

『ライセンスを取得して健全に運営されています。』

こんな文言見かけたことありませんか?でも正直そのライセンス自体がわからなければ安心できませんよね。

まず、このようなライセンスを発行している機関の共通点は、いわゆるタックスヘブン、特殊な経済地域にあることが多いところです。

KAEKAE
例えば取得が難しいことで知られるマルタ島は、地中海に浮かぶ島国マルタ共和国の島の1つ。ここは相続税や贈与税もなく、法人税も最低5%とタックスヘブン。第二のモナコと呼ばれ、莫大な資産を持つ富裕層がこぞって移住してるんだな。ちなみにBinanceなどの大手仮想通貨取引所もここに拠点を移して活動しているぞ。

では、先ほど紹介したマルタを除く、3大ライセンス発行機関を紹介しておきましょう。

マン島

マン島はイギリスの側に浮かぶ小さな島国で、自治権を持つ英国王室属領国という特殊な国。あの世界一危険なバイクレース、マン島TTレースなんかもここで開催されています。

オンラインカジノの運営ライセンスだけでなく、ビデオスロットを制作しているソフトウェア会社やランドカジノにもライセンスを発行しています。

キュラソー

カリブ海に浮かぶ島国であり、連邦国家オランダ国家の一つ。大きさとしては種子島ほど、ここもタックスヘブンとして資産家に人気なスポットです。

KAEKAE
売春が認められているという夢の国でありながら、首都は世界遺産に指定されているんだぜ

ジブラルタル

スペインの近くに浮かぶ島国ですが、イギリス領自治政府となっています。パレスチナ自治政府と同じ立ち位置で、国家ではないが自分たちで自治してOKというところですね。

ジブラルタルのライセンスを取得するにはしっかりとした実績が必要、かつ高額な手数料を支払う必要があります。ソフトウェア会社のプラグマティック(Pragmatic Play)、グッズをプレゼントしてくれたレッドタイガー(Red Tiger)なんかもここのライセンスを取得しています。

結論
  当たり前、もちろんしっかり引き出せますのでご心配なく!
KAEKAE
これは当たり前のことなのですが、やはり初心者にとっては不安要素でしょう。オンラインカジノの入出金方法は非常に充実しており、後ほど紹介するオンライン決済口座を持っていれば最短数分で引き出し可能です。引き出しできなければこんなにプレーヤーがいるはずありませんのでご心配なく。

結論
必要です。オンラインカジノだけでなく、競馬やパチンコなども必要です!

ギャンブルで儲けた金額は一時所得として処理されます。ただし、特別控除額が最高50万円ありますので、1年間の支出と儲けが+50万円より下であれば申告は必要ありません。

パチンコで勝てば現金手渡しで換金しますが、オンラインカジノの場合は最終的に銀行振り込みという形になりますので、履歴が残ります。

こちらの記事でわかりやすく解説してありましたので参考まで。

注意!
最終的な判断は税理士に相談するなど、ご自身で行ってください。

 

入出金方法はこれさえあれば大丈夫!

オンラインカジノに興味があるけど、入出金方法やボーナスのルールなんかもよくわからない。。そんな初心者の為に、オンラインカジノで普段から遊んでいる人はこうやってますという情報をお届けします!

オンライカジノ 入金方法

結論
  • クレジットカード
  • オンライン電子決済サービス

基本的には上記2つを併用します。どうせ出金する際にはオンライン口座が必要になりますので、エコペイズアイウォレットなどのオンライン電子決済サービスについては“決済方法はとりあずこれだけあればOK!”をチェックしましょう。

KAEKAE
ちなみに銀行送金をなぜ使わないんだという話ですが、まず取り扱っているオンカジが少ないこと、そして海外銀行送金になってしまうのでややこしいのです。

オンラインカジノ出金方法
結論
出金にはオンライン電子決済サービス一択!

そして出金時には身分証明が必要になってきます。ただ身分証明書の写真を送るだけなので非常に簡単ですが、詳しくは⑥をご覧ください。

オンラインカジノからの引き出しに特化したビーナスポイント、アカウント内で仮想通貨にスワップも可能なスティックペイなど様々なものがありますので、詳しくは”決済方法はとりあずこれだけあればOK!をご覧ください。

結論

とりあえずはエコペイズ(ecoPayz)だけ作っておけばOK!

エコペイズを使えないオンラインカジノはほぼありません。エコペイズがないところでわざわざ遊ぶ必要もありません。よって、とりあえずエコペイズだけ持っておけばまず困ることはないでしょう。

ただし、他の決済方法も手数料が安いなどのメリットがありますので、詳細記事を載せておきます。

エコペイズ(ecoPayz)

シェアNo.1、まずはこれだけ持ってけばOK!

▶︎ecoPayz(エコぺイズ)|口座開設方法や入金方法まとめ

アイウォレット(iWallet)
  エコペイズと並んでメジャーなのがアイウォレット(iWallete)。こちらも採用していないオンカジの方が少ないほど。

▶︎iWallet(アイウォレット)|口座開設方法や便利なプリペイドカード情報

ヴィーナスポイント(Venus Point)
  こちらもかなりメジャーのヴィーナスポイント。少し使い方が独特なので、詳細は下記記事をご覧ください。

▶︎VenusPoint(ヴィーナスポイント)|手数料が圧倒的に安い出金専用口座

スティックペイ (StickPay)

以前はATMから引き出し可能なカードを発行していましたが、現在新規の発行は停止中。仮想通貨ウォレットもあり、採用しているオンラインカジノもそこそこある。

▶︎STICPAY(スティックペイ)|口座開設方法とアップグレード

マッチベター(Much Better)
  最近徐々に採用しているカジノが増えてきている。出金はビットコインのみと不便だが、ビットコインを多用している人にはオススメ!

▶︎マッチベター(Much Better)とはどんな決済サービス?日本で普及すればすごい便利そう!

 

ボーナスの基礎(入金不要/ 入金ボーナスとは?)

オンラインカジノでは、ボーナスというお得なシステムがあります。賢く活用すれば軍資金を増やして高配当を狙えますし、初回入金ボーナスはお得ですのでぜひ活用しましょう!

Googleでオンラインカジノと検索するとよく出てくる【入金不要ボーナス/ 登録ボーナス】とは、入金をしなくても、新規登録するだけでもらえる無料の体験チケットのようなものです。

オンラインカジノ入金不要ボーナス

体験チケットとは言っても、条件を満たせば引き出してお小遣いにすることも可能です。

入金不要ボーナスの基本
  • もらってすぐに引き出すことはできない
  • 一定金額以上を賭けないと引き出しできない
  • 勝ったからと言って全額引き出しできるとは限らない

もらったボーナスは、一定額を賭けないと引き出し不可、引き出しは1万円までなどといった制限があります。まぁ無料でもらえるので仕方ありません!w

▶︎入金不要ボーナスまとめ|オンラインカジノ

初回入金ボーナスとは
  初めて入金した金額 x 〇〇%の金額をボーナスとしてもらうことができます。

(例)カジ旅 100%初回入金ボーナスを利用し、$100入金した場合;

初回入金ボーナス

$100 x 100% = $100 >> 入金した$100 + ボーナス$100合計$200がアカウントに入ります!

カジ旅の場合はこれにフリースピン100回もおまけで付いてきますね。

使用上の注意点

初回入金ボーナスに限らず、オンラインカジノからもらったボーナスには賭け条件というものがついてきます。20倍、30倍などそれぞれ設定があり、ボーナス額 x 〇〇倍した金額をベットしないと勝っても引き出しできませんよというルールです。

例:カジ旅の場合 – 賭け条件20倍;

もらったボーナス$100 x 20 = $2,000 >> $2,000分ベットないと引き出しはできない。

▶︎【最新】オンラインカジノの入金ボーナスまとめ|2回目以降ももらえるカジノも

 

初回入金ボーナスは使うべき?

結論
  まじであなた次第!

先ほど説明した賭け条件を達成するのが面倒、ややこしいからいらないという人もいれば、軍資金が増えるのでその分勝負できるともらう人もいます。これは本当に好みの問題です。

賭け条件ってクリアできる?

結論
  運が良ければできる!正直難しいですが、実際に賭け条件をクリアして大金を引き出した人もいます。勝負するかしないかはあなた次第です。

 

身分証明書、こうやれば楽勝!

KAEKAE
身分証明、住所証明が必要になるタイミングはオンラインカジノによって異なりますが、基本的には初めて出金する際に必要になります。

身分証明書1点+住所証明書1点の提出が必要になりますので、身分証明、住所証明に必要な書類、そして便利なアプリも合わせてご紹介します。

<strong>使用可能な証明書</strong>
  • 運転免許証(両面)
  • パスポート(写真付きのページ)
  • 写真付き住民基本台帳カード(両面)
注意!

身分証明書の住所と住所証明書の住所は一致させる必要がありますので、免許証の住所を変更していない場合はパスポートなどを使いましょう。

オンラインカジノによってはマイナンバーカードでもOKというところもあります。

<strong>使用可能な証明書</strong>
  • 公共料金の請求書(水道代、電気代など)
  • 携帯電話料金の請求書
  • 住民票
注意!
住所証明書は発行から3ヶ月以内のものしか有効ではありません!

公共料金の請求書やスマホ代の請求書が用意できないというパターンはよくありますのが、住民票であれば用意できると思います。また、マイナンバーカードを持っていればコンビニのプリンターでいつでも住民票を出せるので、覚えておくと便利です!

KAEKAE
基本的にはスマホで撮影して画像を送れば問題ないのですが、四隅が写っていないとだめ、文字が鮮明でないとだめと言われ何度も提出しないといけないこともあり、マジめんどくせぇ。

そんな時に便利なのがOffice Lensというマイクロソフト提供の無料アプリ。

Office lens自動でプリンターでスキャンしたような画像にしてくれます。これで撮影してスマホやPCに保存しておけば、新しいオンラインカジノで遊ぶ際も瞬殺で身分証明できますよ!

▶︎Android用

▶︎iOS用

 

ビデオスロット/ ライブゲームってどんなやつ?

オンラインカジノ初心者の為に、パチスロと違った5リールのビデオスロット、そしてライブ配信で実在する美人ディーラーと遊べるライブカジノについてご紹介します。

kaekae リアクトーンズ1500万
ビデオスロットの特徴
  • 掛け金を変更できる
  • 数百、数千万の当たりが出る
  • 5リールが基本

オンラインカジノのビデオスロットは基本的に5リールあり、ペイラインもパチスロより多くなっています。さらに掛け金を変更できるので、1回転1万円というイカついギャンブルもできます。

KAEKAE
僕自身、最高で1,500万円ほどの当たりを出してますし、数百万ぐらいなら結構出てますよ!


 

用語名 説明
シンボル 図柄のこと
ワイルドシンボル スキャッター以外の全てのシンボルの役目を果たす、ジョーカー的なシンボル。高額配当に必要不可欠。
固定ワイルド ワイルドシンボルがリール上に固定されたまま次のスピンが始まる
スキャッターシンボル 基本的にビデオスロットでは、このシンボルを3つ揃えるとボーナスゲームに突入する、ビデオスロットの醍醐味。
プロバイダー ゲームを提供しているソフトウェア会社のこと。パチンコでいうサミーやオリンピア。
フィーチャー その台特有の機能のこと。
トリガー ボーナスゲームなどを発動させること。(引き金)
フリースピン 掛け金を消費せずにスピン。ボーナスゲームなどではフリースピンされる。
RTP/ ペイアウト率/ 還元率 掛け金を100%とした場合に返ってくる配当の割合。
マルチプライヤー 配当金にかかる倍率のこと。配当 x 〇〇倍
プログレッシブ プログレッシブ・ジャックポット(蓄積され額が膨らんでいくジャックポット)
クレジット 残高のこと
コイン スロット内通貨のこと(残高がコインに換算されて表示される)
コインバリュー/ サイズ 1コインに対する金額の値。

ライブカジノ
ライブカジノとは
バカラ、ルーレット、ブラックジャックなどのゲームをライブ配信でディーラーを見ながらベットできるゲームです。リアルタイムで中継が繋がっていますので、可愛いディーラーのあくびも見れちゃいます。ディーラーさんもしっかりマスクしてますねw

ちなみにほぼ全てのオンラインカジノでライブカジノを提供していますが、中でもライブカジノに特化してるライブカジノハウスというオンラインカジノもあります。

また、ライブカジノ好きに人気なプロバイダー(ゲームを提供している会社)はEvolution Gaming(エボリューション・ゲーミング)というところです!ライブ好きはここが入っていればOK。

 

とりあえずここ!人気スロットプロバイダー10選

プロバイダー(ビデオスロットを作成しているメーカー)はかなりの数がありますが、みんなが遊んでいるプロバイダーは限られています。日本で人気のプロバイダーをご紹介します!

Play'n Go
企業情報
設立年: 2004年
国: スウェーデン (マルタ島にオフィスあり)
ライセンス: UK Gambling Commission No. 55949, 21725など
ウェブサイト: https://www.playngo.com/


おそらく日本で一番人気のスロットプロバイダー。グラフィックが綺麗でプレーしていて楽しいビデオスロットが豊富!僕が1500万配当を叩き出したリアクトーンズもここのビデオスロットです。

KAEKAE
ちなみにプレゴーの担当者さんから色々なグッズを送ってもらったり、新台のプロモビデオに僕が出演したりとお付き合いのあるプロバイダーさんです♪下のボタンからプレゴーの全スロットが無料プレーできますので、お気に入りを見つけてからオンラインカジノで遊ぶのも良いですよ!

pragmatic play
企業情報
設立年: 2015年
国: マルタ島。ロンドンなどにもオフィスあり
ライセンス: UK Gambling Commission No. 39861, 39600など
ウェブサイト: https://www.pragmaticplay.com/en/


プラグマは設立が2015年と比較的新しいプロバイダーですが、すでに絶大な人気を誇っています。下記ボタンから無料プレーできます↓グラフィックも綺麗で、スロットは思わずやり込んでしまう演出が多く飽きのこないオススメプロバイダーです。下記ボランから無料プレーできます!

NetEnt
企業情報
設立年: 1996年
国: スウェーデン、マルタにオフィスあり
ライセンス: UK Gambling Commission No. 46683, 56015、MGA、ジブラルタルなど
ウェブサイト: https://games.netent.com/

ネットエントは老舗の大手ソフトウェア会社です!大体どこのオンラインカジノにも入っており、グラフィックも綺麗でオススメですよ!こちらも下記ボタンから無料プレーできますのでお試しくださいな♪

Big Time Gaming
企業情報
設立年: 2011年
国: オーストラリア
ライセンス: UK、ジブラルタル、ブリティッシュコロンビアなど
ウェブサイト: http://www.bigtimegaming.com/


BTGはホワイトラビット、ボナンザなど有名なスロットを多く世に送り出しているソフトウェア会社。特にMegawaysというペイラインがめちゃめちゃ多い種類のスロットが面白いですよ!下記ボタンから無料プレー可能です↓

Golden hero オンラインカジノ
企業情報
設立年: 2017年
国: バハマ
ライセンス: MGA
ウェブサイト: http://www.bigtimegaming.com/

ここ数年でガンガン人気が上昇しているプロバイダーです!花魁ドリーム、ハワイアンドリーム、電撃ライジングなど、日本のパチスロをイメージした者が爆発的な人気。大きな当たりはあまり出ませんが、ちょこちょこ当たる系のスロットです。パチスロモチーフとあって3リールなので、オンカジデビューの人はこの辺りから攻めてみるのも良いかも知れません。こちらも下記ボランから無料プレー可能です↓

Playtech オンラインカジノ
企業情報
設立年: 1999年
国: マン島
ライセンス: UK Gambling Commission No.038516など
ウェブサイト: http://www.bigtimegaming.com/

プレイテックはロンドン証券取引場に上場しているほどのモンスター企業。Great Blueと言うスロットはその爆撃配当で有名、他にもマーベルシリーズなんかは特に人気ですね!僕はBUFFALO BLITZがお気に入り!

PUSH GAMING オンラインカジノ
企業情報
設立年: 2010年
国: イギリス
ライセンス: UK Remote Gambling Software License/ Malta Critical Gaming Supply Licenseなど
ウェブサイト: http://www.bigtimegaming.com/


プッシュゲーミングは元々ランドカジノで提供していたゲームをオンラインで提供した企業であり、そのスロットは世界中で高い人気を誇ります。特にWILD SWARNやRAZOR SHARKなんかは有名ですね!下記ボタンから無料プレーできます↓

YUGGDRASIL オンラインカジノ
企業情報
設立年: 2013年
国: マルタ島
ライセンス: マルタなど多数
ウェブサイト: https://www.yggdrasilgaming.com/

ユグドラシルはビデオスロットに特化したソフトウェア会社で、世界17の地域でライセンスを保有し運営される世界規模の企業。Gaming Awardなど、毎年何かしら受賞している優良ソフトウェア会社です。下記ボタンから無料プレイ可能↓

QUICKSPIN オンラインカジノ
企業情報
設立年: 2012年
国: スウェーデン
ライセンス: MGA、Great Britain Gambling Commission No. 38516
ウェブサイト: https://quickspin.com/

クイックスピンはみんな知ってるんじゃないでしょうか?どのオンラインカジノにも入ってますからね!あのNetEntで働いていた人が立ち上げたソフトウェア会社で、有名所としてBIG BAD WOLFやSAKURA FORTUNEですね!数々の受賞歴もあり、かなり大きな企業です。日本人からすればオンラインカジノにゲームを提供している企業というだけで怪しく思うかも知れませんが、そこらへんの日本企業よりもよっぽどでかいですよw

Microgaming オンラインカジノ
企業情報
設立年: 1994年
国: UK
ライセンス: Great Britain Gambling Commission No. 39073など
ウェブサイト: https://www.microgaming.co.uk/


ソフトウェア業界の重鎮も重鎮、プレイテックと並んで2大モンスター企業です。オンラインカジノはマイクロゲーミングのようなソフトウェア会社に料金を払って使用していますが、マイクロゲーミング社のスロットを扱うオンラインカジノが倒産した際には全額プレイヤーに払い戻したという実績もあり、信頼度はピカイチです。下記ボタンから無料プレー可能↓

Archives

表示するアーカイブはありません。

Categories

  • カテゴリーなし